空室にお困りのオーナー様へ|賃貸住宅の空室対策にヤマハの防音室 レンタルから始められます!

賃貸住宅の空室率が上昇する中、特定の趣味層をターゲットとしたコンセプト型住宅が注目を集めています。
ヤマハの防音室を設置することで「楽器演奏」を趣味とする人々をターゲットとしたコンセプト型賃貸住宅が実現します。
一般的に空室となりがちな賃貸物件のデメリットが、防音室設置には有利に活かせるのもポイントです。

なかなか空室が埋まらない…特に1F、北向き等の部屋が埋まらない|騒音で困っています…騒音の大きい幹線道路沿いの物件を所有しているが、活用方法を悩んでいる|新築物件に負けない物件にしたい!将来に備えて、周辺新築物件に負けない競争力のある物件を企画したい

こんなお悩みには防音室が有効!

なぜ、防音室が空室対策に有効?

  1. 1楽器可物件はまだまだ少ない
    昨今では、音大生に限らず社会人でも楽団やバンドなど楽器演奏を趣味としている方が増えています。
    入居者ターゲットは広がっている一方、需要に対応する楽器可物件はまだ供給過小と言えます。
  2. 2物件のデメリットをメリットに
    空室になりがちな「1階住戸」や「幹線道路沿い住戸」などは、逆に防音室設置には有利な環境となります。
  3. 3大掛かりな工事が不要、レンタルだから取り外し可能
    ユニットタイプの防音室なら、建物への大掛かりな工事を必要としません。 移設も容易ですし、レンタルなら返却もできます。
写真:防音室内部

防音室導入事例

  • 居室に
    既存空室に設置し、楽器可物件として物件価値をアップ。 写真:居室
  • 供用スペースに
    共用施設として防音室を設置し、集合住宅自体の価値をUP。居室賃料への転嫁が抑えられ、外部貸出しで収益化も可能。

防音室レンタル導入事例エスポワール松風台

その他の事例はこちら

防音室レンタルについて

レンタルシステムや料金プランについてはこちらをご覧下さい。

  • レンタルの特徴とメリット
  • レンタルサービスの概要
  • 防音室ラインナップ
  • レンタル料金表(pdf)

レンタルのお申し込み・お問い合わせについて

お申込み、お問合せはお問い合せフォームより必要項目の情報を送信下さい。
その後、弊社よりご連絡申し上げます。(お申込みは審査を伴いますのであらかじめご了承下さい)

  • お問合せ必要項目
    1. ①お名前
    2. ②住所、連絡先
    3. ③メールアドレス
    4. ④設置する賃貸住宅名称及び所在地
    5. ⑤ご希望の防音室タイプ(0.8畳・1.2畳・1.5畳・2.0畳)
    6. ⑥お問い合わせ内容

    お問い合わせ・お申込みフォーム

    お問い合わせ・お申込みフォーム

  • お電話でのお問い合わせ

    0120-381-808

    [受付時間]
    土日祝を除く、9:00〜12:00/13:00〜17:30
    (株)ヤマハミュージックジャパン
    営業企画部 レンタル・リース課

防音室ご購入について

ヤマハ防音室は、もちろんご購入でも導入いただけます。レンタルで取扱いのないタイプの防音室や、複数居室へ同時設置でイニシャルコスト削減、共用スペースの音楽スタジオの設置等、ご検討ください。

ヤマハ防音室(アビテックス)・調音パネル

ヤマハ防音室(アビテックス)・調音パネル

ページトップへ

(c)Yamaha Music Japan Co., Ltd. All rights reserved.